現在全国の地方新聞紙上において好評連載中の鈴木規夫の「ゴルフは心」を、
ご本人のご厚意により毎週1本づつ掲載したします。

Vol.483 ザ・ロイヤルGCの「絶対基準」とは

 
 2016年9月に茨城県鉾田市にリニューアルされて仮オープンしたザ・ロイヤルゴルフクラブは、私が設計監修した思い入れの深いコースです。
 「絶対基準」というヘッドコピーの広告をご覧になった方もいらっしゃるでしょう。聞き慣れないこの言葉には、どんな意味があるのか。そこにはこのプロジェクトに参加した人々の夢が込められています。
 世界基準という言葉が頻繁に使われるようになりました。インターネットやSNSの普及によって、あらゆるものがグローバル化され、世界的レベルのクオリティが求められています。世界という舞台を目指している分野では、なおさらハードルを高く設定しないと基準をクリアできません。
 ゴルフではどうか。ツアープレーヤーのレベルに焦点を当てるなら、残念ながら世界のトップクラスとの実力差は歴然です。世界4大メジャータイトルや五輪での結果が、日本の現状を表しています。この差を縮め、世界の頂点に立つような選手を次々に輩出するためにはどうすれば良いのか。これまでの日本の土壌から育成するのは難しいことは歴史が示しています。
 桁違いのスケールを持つ選手を生み出すためには、世界基準を超えるような環境を創出すべきなのです。つまり、これまでの日本の概念では計れない次元の違うコースの出現が不可欠だと考えました。極めてタフで戦略性に優れたモンスターコースが、日本のゴルフの未来を変えるためには必要なのです。
 その目的のためにザ・ロイヤルGCが再生されました。全長8143ヤード、705ヤードのパー5、532ヤードのパー4、287ヤードのパー3。どれもが規格外のスケールです。しかも、18ホールそれぞれが個性的な顔を持ち、誰も体験したことのないような戦略性が織り込まれています。私達の叡知を尽くした基準。「絶対基準」がここにあります。

プロゴルファー 鈴木規夫
1951年生まれ。「九州の若鷹」の異名をとり、溌剌たるプレーで活躍した。
通算20勝の内には、九州オープン5連覇、太平洋マスターズ2連覇がある。
1976年には全英オープンに挑戦。日本人として初めてメジャータイトルの
首位に立ち世界の注目を浴びた。
現在は、TV解説、コース監修、ゴルフイベントを通しての地域社会貢献活動、
ならびにプロ、アマチュア、ジュニアゴルファーの育成に力を入れている。

   
   

日本経済新聞出版社


(監修:廣戸聡一)

人が先天的にもっている4つの身体特性を知る事で
自分の特性に応じた身体の動かし方を詳しく説明しています。
是非お買い求めください!

※定価本体 850円

   

ゴルフがぐんと楽しくなる
スコアメイクの流儀

鈴木規夫:著

が全国の書店で発売中です!
是非お買い求めください!

※定価本体 850円

心が強いゴルファーの
「ごくシンプルな」思考術

鈴木規夫:著

全国の地方新聞紙上に掲載された鈴木プロの
『ゴルフは心』の初期の原稿をまとめた1冊。メンタリティーの重要性を実際の例に
触れながら分かりやすく紹介されている。